聴力回復 トレーニング

Image Replacement

聴力を回復させるたった9分間のエクササイズとは

当サイトでは自宅で聴力を回復させるたった9分間のエクササイズをご紹介しています。聴力を回復させる方法を成功させる秘訣は毎日あきずに継続できる内容のエクササイズであることです。もちろん耳鼻科へ通院しながらでも構いません。病院で治療を続けながら自宅でも毎日エクササイズができれば、きっと聴力が回復する近道になると思います。

自分にあった難聴治療を選ぶには

mimiisya2.jpg

あるTV番組で耳鼻咽喉科の先生が聴力の回復方法についての助言をしていました。
その中に聴力を回復させるためには「薬」「手術」そして「補聴器(器具)」の3つ選択肢がありますとありました。
このTV番組では加齢性難聴を題材にして聴力の回復には補聴器(器具)の装着が一番よいと、聴力の回復には補聴器(器具)が一番効果的だと話しをしていました。

確かに歳をとるにつれて加齢性の難聴は増加します。
歳をとれば聴力を回復させる身体的な力も衰えます。

確かに回復力がなければ補聴器(器具)を選択することも必要でしょう。

また番組内では、難聴で一番困ることはCommunication(対話)力だとも言われていました。聴力が衰えると他人との会話が困難になります。相手が何を話しているのか理解できず、やがては会話のキャッチボールができなくなります。その結果、他人とのCommunication(対話)を諦めてしまい引きこもる人や、うつ病になってしまう人もいます。

つまり聴力が衰えたことでCommunication(対話)ができなくなったことを理由に、聴力を回復させることをやめてしまうのだそうです。

人である以上、必要なものはCommunication(対話)です。人はCommunication(対話)なしでは生きていけないといっても間違いではないくらいCommunication(対話)は必要不可欠なものです。実際には難聴者よりも重度な耳の聞こえない聾(ろう)の方達だって手話を使ってCommunication(対話)をします。人間は孤独になることが一番苦しいのです。だからCommunication(対話)をし続けます。


聴力を回復させる一番のポイントは、どうしたら他人とのCommunication(対話)が上手くいくようにできるかの方法を探せるかです!

・薬で聴力を回復させるでも良いでしょう。
・リスクと費用が必要ですが手術という選択もあります。
・補聴器(器具)も選択として間違いではありません。

どのような方法でCommunication(対話)ができる状態にしていくかがポイントなのです。

あなたの年齢で補聴器(器具)を装着しなくては聴力が回復しないくらい回復力が衰えていると思いますか?

これだけはお伝えしておかないといけません!残念ながら補聴器(器具)を長期間、愛用してしまうと人間の耳というものはいい加減なものでして、補聴器(器具)をしていないと聞き取れなくなってしまいます。補聴器(器具)から伝わる音に慣れてしまいまして補聴器(器具)がないと殆ど聞こえなくなってしまいます。あなたの難聴が加齢からくるもので身体的に回復が困難でしたら補聴器(器具)の選択がよろしいかと思います。ただそうでないとしたら補聴器(器具)の選択は一番最後でもよいのではとも思います。

補聴器(器具)は自分のカラダの治癒能力や薬などの効果で回復している訳ではありませんから自己回復したことにはなりません。

「薬」「手術」「補聴器(器具)」
今まではこの選択肢しかありませんでした。


しかし最近では聴力を自力で回復させる方法がみつかりました。